展示案内

絵画

■絵画特別展「『交響のソロ』11人の作家に見るみやぎ 美術のいま」
10月9日(水)~12月1日(日)

本展は宮城県内で制作・発表活動をしている11人の作家による展覧会です。年齢差が大きく、生きる背景となった社会情勢も異なる11人の作家が、多種多様な価値観を内包した創造性の高い独創的表現を追求し制作した作品を通して、みやぎの美術のいまを体感していただきたいと思います。

会場は当館と仙台市太白区秋保町の「秋保の杜 佐々木美術館&人形館」の2館に分けて展示いたします。

 

 交響のソロ チラシ.jpg

詳しくはこちら

蝶

■世界の蝶(通年)

アロッティトリバネアゲハ(♂・♀)、オウゴンテングアゲハなど、当館以外ではあまり見ることのできない珍しい種類を含めた世界各地の蝶の標本約 14,000頭や、約1,300頭の甲虫類の標本が常時ご覧いただけます。

詳しくはこちら

こけし

■特別展「ロシアの玩具展覧会」
10月29日(火)~ 1月26日(日)

ロシアには、様々な土地に様々な素晴らしい民俗玩具がたくさんあります。

日本人にも親しみ深い「木」「布」「土」「紙」のおもちゃや、「麦わら細工」といった、自然素材のおもちゃも数多くあります。ソ連時代にはプラスチックなどの工業製品に取って代わりましたが、現在また昔の素朴なおもちゃが見直され、復刻されています。

この度、ロシアの伝統的な民俗玩具を素材別に分類し、その源流から現在までをご紹介いたします。

 

ロシアの玩具展覧会 チラシ.jpg

 

 

 

 

 

ロシアの玩具展覧会.jpg

 

詳しくはこちら